プロフィール

しんかなまま

Author:しんかなまま
40代の美容師、長崎県。
子供2人・4にゃんと暮らしてます。
家にPCが無いので仕事中に
ブログ更新しています(笑)

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

盆休みキャンプ @坊がつる
続きです  登山編


昼前、長者原のに着きました。
4人分の衣食住が詰まったザックを各々背負って
<坊がつる>のテント場まで出発~
坊がつる2度目 ザック

登山口までの湿原には、先月はまだ咲いていなかった<ヒゴタイ>が見れました。
お盆 @坊がつる ヒゴタイ

天気も良くて気持ちいい~
お盆 @坊がつる 入山
(今回 Nさんにたくさん写真撮ってもらいました。 一部お借り致します。)
タデ原湿原の木道(自然研究路)を進みます。
お盆 @坊がつる タデ原2

登山届を記入・投函して入山。
お盆 @坊がつる 入口の沢

休憩所で位置確認。  まだ半分も歩いてないっ
お盆 @坊がつる 現在地 お盆 @坊がつる 頑張る母ちゃん

マツムシソウ>しか名前解りませんが、
お盆 @坊がつる マツムシ草 お盆 @坊がつる ホタルブクロ? 
可愛い花・・・つい立ち止まって写真撮りたくなります。
お盆 @坊がつる 何の花?1 お盆 @坊がつる 何の花?2 

格好だけは一丁前な息子!?
お盆 @坊がつる 息子

雨ヶ池   Nさん親子は経験者だけにペースが速いし、余裕の表情。
お盆 @坊がつる 雨ケ池

休憩。  あと少し、頑張ろう。
お盆 @坊がつる 休憩


お盆 @坊がつる シモツケ お盆 @坊がつる ワレモコウ
シモツケ> と <ワレモコウ


やっと見えました、坊がつるの湿原です。
お盆 @坊がつる 展望

テント場までもう少し!
お盆 @坊がつる 見えてきた!

振り返ってみる。 写真の山の途中を登って下りてきたってわけです。
お盆 @坊がつる 看板

今回は橋を渡らず鳴子川を横切ります。
お盆 @坊がつる 鳴子川2

サンダルに履き替えて川でひと遊び・・・テント場になかなかたどり着きません(笑)
お盆 @坊がつる 鳴子川

川で遊んでいると法華院温泉の軽トラックとキャタピラ通過。   
お盆 @坊がつる 鳴子川 軽トラ
この道が、許可車しか通れない大船林道ってことかな!?   
お盆 @坊がつる 鳴子川キャタ

川の水は冷たいし、お腹すいたし
早くテント張ってお昼摂ろうよ~。
お盆 @坊がつる 何の花?3 お盆 @坊がつる キツネノカミソリ?
と、今度はサンダルのまま歩きだした 川からテント場までの道の脇には
お盆 @坊がつる 何の花?4 お盆 @坊がつる ススキ
もうススキもチラホラ。



つづく。

2015.09.02(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(2) |

盆休みキャンプ @坊がつる (鍋ヶ滝編)  
あすで今年の夏休みも終わり

部活で毎日 忙しくなってしまった娘(中1)と
学童保育を辞めてはじめて夏休みを一人で過ごす息子(小5)

それぞれに、それなりに
どうにか日中を過ごしてくれました。
すっかり手が掛からなくなったなぁと、実感。

そんな我が家の今年の夏キャンは 大分へ2度の登山テン泊でした
1度めの記事はコチラ→ 坊がつる 登山編
               坊がつる キャンプ編



そして2度目。


2015/8/15(土)~8/16(日)
娘が部活で不参加の代わりに、Nさん親子を誘いました。

早朝4:00に出発~
出発 @鍋ヶ滝

真っ赤な朝日 早朝の高速道路もなかなか乙。
出発 車中  @鍋ヶ滝

九重ICからそのまま登山口の長者原まで行くつもりでしたが
お天気が良かったので、ちょっと寄り道しました

熊本県小国町の鍋ヶ滝
@鍋ヶ滝1
朝イチからなんとも爽やか。

@鍋ヶ滝2
ただ、携帯カメラなんで写りはこんなモン(^_^;)

@鍋ヶ滝3
滝の裏側から!

@鍋ヶ滝5
この滝は、裏を通って対岸へ行けるのです。(水しぶき注意)

鍋ヶ滝 影

水遊び @鍋が滝
今回は娘抜きで 母2人、小学男子2人の登山テン泊です。

スパイダー @鍋ヶ滝

途中で一際目立つ民家を発見
マネキン @鍋ヶ滝1 マネキン @鍋ヶ滝2

マネキン @鍋ヶ滝3

このあと、坊がつるへ向け長者原登山口へ。
坊がつる2度目 ザック
寄り道してお昼近くになってしまいましたが
4人分の衣食住を担いで
いってきま~す


登山編へつづく


2015.08.30(Sun) | ♪ アウトドア! | cm(0) |

呑みキャンプ  @赤水公園オートキャンプ場
2週間前の海の日の連休は子供達と 大分・坊がつるで登山キャンプを楽しみましたが、
実は先週末も・・・


8/2(日)の夕方 仕事が終わってからN子姉さん(お友達のお姉ちゃん)と二人で
琴海・赤水公園オートキャンプ場にて 呑みキャンプしてきました~


姉さん迎えに行って キャンプ場到着が19:00頃。
赤水公園 テント
ワンタッチテントをチャチャっと広げて宴会準備です

姉さん提供! 地元で有名な精肉店の ローストビーフ
赤水公園 ローストビーフ2

コレも姉さん提供! カマンベールチーズのベーコン包み焼き
赤水公園 焼き物

ワインを開けて・・・こんな感じでアラフィフ女子(笑)2人の宴会スタートですカンパーイ
赤水公園 テーブル2

アラフィフ女子2人のトークの中身は、ほぼオッサン(笑)
赤水公園 ローストビーフ
そこらへんはご想像におまかせして。
赤水公園 カマンベールチーズ
と、楽しく飲んでいたんですが、
真夏の夜だというのに寒過ぎ~ 

近所の山って感覚で軽装でしたが、マジで寒過ぎ。
暑くて寝苦しかったらどうしよう???ぐらいのつもりでいたのに。

そんなわけで、早々に宴会場はテントの中へ移動。(テント内、超~適温
ミニテーブルを挟んで飲んでるうちにいつのまにか寝ちゃってたのでした。


昼間は大村湾を一望できるこのキャンプ場。
赤水公園 月
夜は海に映るまん丸いお月様と綺麗な星空が楽しめました。
(iPhoneカメラではこれが限界


朝、6:30起床。 まずはお約束のモーニングコーヒーを楽しんで
赤水公園 朝食
それから 夕べの残りやスープ、いつものホットサンドなどで朝食。

この季節、芝生も青々。 気持ちいい~
赤水公園 芝生

公園内には堤があって、朝の散歩に丁度いいです。
赤水公園 池

いろんな植物観察するのも楽しい
赤水公園 睡蓮 白 赤水公園 睡蓮 ピンク

赤水公園 アジサイ 赤水公園 きのこ

赤水公園 大村湾

散歩から戻ってくると、夕べの寒さがウソのように暑っつい
この後、汗をかきかき撤収です。
赤水公園 テント
そんなこちらのキャンプ場、無料で利用できます。
ちょっとトイレが遠かったり、炭火使用禁止ではありますが
眺めが素晴らしく、静かで綺麗な とってもオススメのキャンプ場ですよ。
赤水公園オートキャンプ場の申請書ダウンロード ⇒ コチラ




昼過ぎには子供たちが部活から帰ってくるので早めに切り上げましたが
ちょっとだけ寄り道。
神浦河川公園では、水遊び
神の浦 河川公園

神の浦 河川公園2

そのすぐ近くにある大中尾棚田へも。
大中尾棚田
わぉ、いい眺め

大中尾棚田2
夕方から翌日昼頃までのキャンプでしたが
呑んで食べて、
月も星も、
空の青と
山の緑と
川遊び
大中尾棚田 たんぽぽ
時間がなくても 
遠くまで行かなくても
こんなに贅沢に過ごせますよ~

N子姉さん、豪華食材提供ありがとうございました(笑)
夜のトークも楽しかったですね
ぜひまた行きましょう


2015.08.05(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(0) |

坊がつる キャンプ編
つづきです

周囲の山には霧がかかったり パァ~っと晴れたり。
少し肌寒くなってきましたが 雨はどうかな~?
坊がつる テント2

坊がつるに到着したのはちょうどお昼時なので早速お昼ご飯の準備。
あ、キャベツ忘れた・・・そんなわけでほぼ具ナシ焼きそば。
坊がつる 焼きそば 坊がつる 昼寝
お腹いっぱいになったところで子供たちは昼寝してしまいました
よっぽど疲れたんだろうなぁ。

子供たちが寝ている間に夕飯用のお米を研いだり
景色を堪能したあとはお待ちかねの温泉タイム

テント場から法華院温泉山荘までの道ものんびりしていて、まるでここは別世界
坊がつる 山小屋まで

<坊がつる>の看板もこの看板も、最後のクダリに『山男の・・・』って(笑)
坊がつる 法華院温泉山荘 看板
山男さんはもちろん、山ガールさんからチビッ子連れのファミリー、
外人さん、年配の御夫婦やグループと、山を愛する老若男女で賑わっているようです。

山荘に着く頃だけ雨が降りました
煙る山荘も、な~んか雰囲気あって良いですね
坊がつる 法華院温泉山荘

売店の奥が食堂。ちょうど宿泊客の夕飯準備でスタッフの皆さんバタバタされてました。
坊がつる 法華院温泉山荘 入口靴 坊がつる 法華院温泉山荘 売店

売店で入浴料 一人500円を支払います。
坊がつる 法華院温泉山荘 提灯
九州で一番高い場所にある温泉
まさに秘境の秘湯ですね  ちなみに石鹸類は使用できません。
坊がつる 法華院温泉山荘 温泉
湯の花あり、微かに硫黄の香りが漂うお湯でした。

この辺りは、ラムサール条約登録の湿原だそうです。
坊がつる 温泉からの木道

夕飯は、炊き込みご飯とカップスープ。 おかずは、さんまの蒲焼(缶詰)のみ
坊がつる 夕飯 坊がつる 夜テント
息子はここでもゲーム しかも姉ちゃんのお尻ソファーで気持ちよさそうやし。

普段の忙しい生活はしばらく忘れて、
のんびり・ダラダラ こんな感じで坊がつるの夜はおしまい。

テントの中は意外と広く、夜中は冷えたこともあり3人でくっついてどうにか寝れました。
ただ、夜中の強風でタープのパタパタ音が気になり私は熟睡できなかったかな。


翌朝、5時すぎ起床。  やった!晴れとるっ
まずはコーヒー  水が美味しいからもちろんコーヒーもウマイ
坊がつる 早朝


山の朝は早い!と言いますが、ホントだ!
<朝駆け>というのかな? 大船山を目指して動き出してるグループも。
坊がつる 朝駆け

我が家の今回の目的は、とりあえず山を登ってみて<坊がつるキャンプ
その先の頂上アタックはまたの機会に。


子供たちがやっと起きてきたので朝食。 
ウインナー・食パン・スープ・目玉焼き
坊がつる 朝食 ウインナー 坊がつる 朝食



ここでバッテリー切れ 
テント場撤収や下山の様子は写真がありません。


最後にコチラのワンコに会っていかなきゃ。
平治という名前のガイド犬(♀の子)です。
平治号に関する感動の物語。本や映画があるようです。
簡単にまとめられた動画は⇒コチラ
坊がつる ガイド犬
初めての登山、上りは体力的にハードで
下りは膝が笑い・・・と。
でも、お天気にも恵まれみんなで楽しく、無事に下山してこれました。
登山、クセになりそうです


帰りは久住高原コテージの家族風呂(50分 1600円)と、
久住高原コテージ 家族風呂
久住の景色を楽しむ贅沢でシメ。
久住

子供が大きくなってくるとみんなの休みを合わせるのは大変です。
今回は思いがけず出かけられて良かった~

また近いうち、今度は満点の星空を見に行こう



2015.07.23(Thu) | ♪ アウトドア! | cm(4) |

坊がつる 登山編  
海の日の連休。

子供の部活当番が入っていたので、今年はどこにも行けないか・・・と、
残念に思っていたところ 練習自体が中止になったため
これはチャ~ンスとばかりに 3人分の山道具をバタバタ準備して 
大分・九重の<坊がつる>へ登山キャンプに行ってきました



週間予報では雨と雷マークが並んでましたが
とにかく行ってみようと7月18日(土)の夜遅く出発。
高速のPAで車中泊。
坊がつる 行き高速2

登山口がある長者原は既にほぼ満車。
坊がつる 長者原登山口

思ってたより全然良い天気で本当にラッキー
もし雷で大荒れになっても山小屋があるし
これだけ登山客がいれば安心だろ~!と私たちも出発です。
坊がつる 出発

登山届けを記入
坊がつる 入山届け

緑いっぱいの山道を登ります。
坊がつる コケ

休憩多め(笑) 自分たちのペースで進みます。
坊がつる 休憩

ヤマアジサイやシモツケなどいろんな花が見れました。
坊がつる ヤマアジサイ 坊がつる シモツケ

途中で霧雨~小雨でレインカバー(前夜、デポで購入)装着。
坊がつる 登山道

やっと雨ヶ池。 木道がイイ感じ
坊がつる 雨ヶ池

眼下にやっと<坊がつる>が見えました
坊がつる 眼下に

息子は辛そうでしたが、もうひと頑張りだ
坊がつる あとひと頑張り

ゆっくり登って約3時間。やっと念願の<坊がつる>に到着です。
坊がつる 到着

鳴子川 見ているだけで涼しげ。
坊がつる 鳴子川1

坊がつる 鳴子川2

ここがキャンプ場です。見えている建物はトイレなので周囲にテント少ないですが
別方向には既にたくさんのテントが張ってあります。
坊がつる キャンプ場

登山してきた人しか辿り着けないこのキャンプ場。
大汗かいて到着した喜びは一入です。
坊がつる 炊事棟 坊がつる 冷たい水
水場とトイレのある山の上のキャンプ場って珍しいのではないでしょうか?
そして冷たい水の美味しいこと!

今回、登山用に購入したテントを張り、サンダルに履き替え
お疲れさ~ん
坊がつる 登山靴 

2人用のテントで3人寝ないといけないので、タープまで張ってみた。
雨の心配もあるし。星は観れないだろうなぁぁぁ。
坊がつる テントで1
とりあえず、今夜の寝床を確保です。
しばらくみんなでゆっくり寛ぎましょう


キャンプ編へつづく。


2015.07.22(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(2) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。