プロフィール

しんかなまま

Author:しんかなまま
40代の美容師、長崎県。
子供2人・4にゃんと暮らしてます。
家にPCが無いので仕事中に
ブログ更新しています(笑)

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

坊がつる キャンプ編
つづきです

周囲の山には霧がかかったり パァ~っと晴れたり。
少し肌寒くなってきましたが 雨はどうかな~?
坊がつる テント2

坊がつるに到着したのはちょうどお昼時なので早速お昼ご飯の準備。
あ、キャベツ忘れた・・・そんなわけでほぼ具ナシ焼きそば。
坊がつる 焼きそば 坊がつる 昼寝
お腹いっぱいになったところで子供たちは昼寝してしまいました
よっぽど疲れたんだろうなぁ。

子供たちが寝ている間に夕飯用のお米を研いだり
景色を堪能したあとはお待ちかねの温泉タイム

テント場から法華院温泉山荘までの道ものんびりしていて、まるでここは別世界
坊がつる 山小屋まで

<坊がつる>の看板もこの看板も、最後のクダリに『山男の・・・』って(笑)
坊がつる 法華院温泉山荘 看板
山男さんはもちろん、山ガールさんからチビッ子連れのファミリー、
外人さん、年配の御夫婦やグループと、山を愛する老若男女で賑わっているようです。

山荘に着く頃だけ雨が降りました
煙る山荘も、な~んか雰囲気あって良いですね
坊がつる 法華院温泉山荘

売店の奥が食堂。ちょうど宿泊客の夕飯準備でスタッフの皆さんバタバタされてました。
坊がつる 法華院温泉山荘 入口靴 坊がつる 法華院温泉山荘 売店

売店で入浴料 一人500円を支払います。
坊がつる 法華院温泉山荘 提灯
九州で一番高い場所にある温泉
まさに秘境の秘湯ですね  ちなみに石鹸類は使用できません。
坊がつる 法華院温泉山荘 温泉
湯の花あり、微かに硫黄の香りが漂うお湯でした。

この辺りは、ラムサール条約登録の湿原だそうです。
坊がつる 温泉からの木道

夕飯は、炊き込みご飯とカップスープ。 おかずは、さんまの蒲焼(缶詰)のみ
坊がつる 夕飯 坊がつる 夜テント
息子はここでもゲーム しかも姉ちゃんのお尻ソファーで気持ちよさそうやし。

普段の忙しい生活はしばらく忘れて、
のんびり・ダラダラ こんな感じで坊がつるの夜はおしまい。

テントの中は意外と広く、夜中は冷えたこともあり3人でくっついてどうにか寝れました。
ただ、夜中の強風でタープのパタパタ音が気になり私は熟睡できなかったかな。


翌朝、5時すぎ起床。  やった!晴れとるっ
まずはコーヒー  水が美味しいからもちろんコーヒーもウマイ
坊がつる 早朝


山の朝は早い!と言いますが、ホントだ!
<朝駆け>というのかな? 大船山を目指して動き出してるグループも。
坊がつる 朝駆け

我が家の今回の目的は、とりあえず山を登ってみて<坊がつるキャンプ
その先の頂上アタックはまたの機会に。


子供たちがやっと起きてきたので朝食。 
ウインナー・食パン・スープ・目玉焼き
坊がつる 朝食 ウインナー 坊がつる 朝食



ここでバッテリー切れ 
テント場撤収や下山の様子は写真がありません。


最後にコチラのワンコに会っていかなきゃ。
平治という名前のガイド犬(♀の子)です。
平治号に関する感動の物語。本や映画があるようです。
簡単にまとめられた動画は⇒コチラ
坊がつる ガイド犬
初めての登山、上りは体力的にハードで
下りは膝が笑い・・・と。
でも、お天気にも恵まれみんなで楽しく、無事に下山してこれました。
登山、クセになりそうです


帰りは久住高原コテージの家族風呂(50分 1600円)と、
久住高原コテージ 家族風呂
久住の景色を楽しむ贅沢でシメ。
久住

子供が大きくなってくるとみんなの休みを合わせるのは大変です。
今回は思いがけず出かけられて良かった~

また近いうち、今度は満点の星空を見に行こう



スポンサーサイト

2015.07.23(Thu) | ♪ アウトドア! | cm(4) |

坊がつる 登山編  
海の日の連休。

子供の部活当番が入っていたので、今年はどこにも行けないか・・・と、
残念に思っていたところ 練習自体が中止になったため
これはチャ~ンスとばかりに 3人分の山道具をバタバタ準備して 
大分・九重の<坊がつる>へ登山キャンプに行ってきました



週間予報では雨と雷マークが並んでましたが
とにかく行ってみようと7月18日(土)の夜遅く出発。
高速のPAで車中泊。
坊がつる 行き高速2

登山口がある長者原は既にほぼ満車。
坊がつる 長者原登山口

思ってたより全然良い天気で本当にラッキー
もし雷で大荒れになっても山小屋があるし
これだけ登山客がいれば安心だろ~!と私たちも出発です。
坊がつる 出発

登山届けを記入
坊がつる 入山届け

緑いっぱいの山道を登ります。
坊がつる コケ

休憩多め(笑) 自分たちのペースで進みます。
坊がつる 休憩

ヤマアジサイやシモツケなどいろんな花が見れました。
坊がつる ヤマアジサイ 坊がつる シモツケ

途中で霧雨~小雨でレインカバー(前夜、デポで購入)装着。
坊がつる 登山道

やっと雨ヶ池。 木道がイイ感じ
坊がつる 雨ヶ池

眼下にやっと<坊がつる>が見えました
坊がつる 眼下に

息子は辛そうでしたが、もうひと頑張りだ
坊がつる あとひと頑張り

ゆっくり登って約3時間。やっと念願の<坊がつる>に到着です。
坊がつる 到着

鳴子川 見ているだけで涼しげ。
坊がつる 鳴子川1

坊がつる 鳴子川2

ここがキャンプ場です。見えている建物はトイレなので周囲にテント少ないですが
別方向には既にたくさんのテントが張ってあります。
坊がつる キャンプ場

登山してきた人しか辿り着けないこのキャンプ場。
大汗かいて到着した喜びは一入です。
坊がつる 炊事棟 坊がつる 冷たい水
水場とトイレのある山の上のキャンプ場って珍しいのではないでしょうか?
そして冷たい水の美味しいこと!

今回、登山用に購入したテントを張り、サンダルに履き替え
お疲れさ~ん
坊がつる 登山靴 

2人用のテントで3人寝ないといけないので、タープまで張ってみた。
雨の心配もあるし。星は観れないだろうなぁぁぁ。
坊がつる テントで1
とりあえず、今夜の寝床を確保です。
しばらくみんなでゆっくり寛ぎましょう


キャンプ編へつづく。


2015.07.22(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(2) |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。