プロフィール

しんかなまま

Author:しんかなまま
40代の美容師、長崎県。
子供2人・4にゃんと暮らしてます。
家にPCが無いので仕事中に
ブログ更新しています(笑)

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
検索フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

盆休みキャンプ @坊がつる
続きです  キャンプ編


やっと坊がつるのテント場に到着しました。

鳴子川でしばらく遊んでいたので、
長者原から坊がつるまで、結局4時間弱(!?) も経過してしまった様な・・・


お腹も減っていましたが、まずはテント設営
お盆 @坊がつる テント
今回は、2家族。
テント2張りを向かい合わせにして、タープでリビングを作ってみました。


テントを張った途端、子供たちはゲームを始めてしまったので
お盆 @坊がつる アレンinテント お盆 @坊がつる アレン米研ぎ
お手伝いをお願いしましたよ。外ではお米研ぎも楽しかろ?

結果、早めの夕飯になっちゃいました。
お盆 @坊がつる 夕食
定番・・・炊き込みご飯と缶詰とスープ
どんなメニューでも、外メシはうまいっ


この後、法華院温泉山荘のお風呂へ


夜は19℃くらいに冷え込みましたが(いや、もっと寒かったかも)
テントの外に出て空を見上げると

満天の星空
(残念ながら携帯カメラでは星の写真は撮れません

さっぱりしたあとはもちろん
山荘の売店にはビールも酎ハイも売ってあるので助かります
お盆 @坊がつる 呑み
でもね、早朝4時の出発だったし 登山したし 
温泉もアルコールも入った となると・・・いつの間にか撃沈。



で、朝。
お盆 @坊がつる 朝コーヒー
目覚ましをセットしなくていい、と言う幸せを実感しつつ
朝のコーヒーを楽しむ

子供たちも起きてきて4人分の朝ごはんを用意。
お盆 @坊がつる 朝食 お盆 @坊がつる みゆきちゃんテント
荷物ぎゅうぎゅうでパンも潰れちゃったよ(笑)          ダウン着用(笑)

いつものホットサンドではなくて 今回はホットドッグ~
お盆 @坊がつる 朝食



遅めの朝ごはんが終わって周りを見渡すと、ほとんどのテントが消えていました。
チラッと霧雨の中、私たちもタープを張り直してから その下でテント撤収。
お盆 @坊がつる 下山前タープ
母ちゃんたちは荷物整理。

子供たちはゲームやボール投げ・・・
お盆 @坊がつる 下山前タープ お盆 @坊がつる 下山前 遊び2
ボールじゃなくてサンダル投げでした。なんでも遊び道具になるもんですな。
お盆 @坊がつる 下山前 遊び3

さて、この後トイレタイムやなんやかんや。
そのトイレなんですがね。
こんな山の上にトイレがあるだけでも有難いのですが
もちろん和式のボットン・トイレです。 
とにかく、鼻を刺す強烈な香りです
脚は痺れるし、息を止めると、今度は目と喉にシミます
普段使っている洋式のシャワートイレがいかに便利か よぅ分かりました。
それでもやっぱり、無料で使える山の個室トイレには感謝!感謝!


さて、山での最後の食事を摂って名残惜しいですが下山です。
お盆 @坊がつる ランチ

先月から立て続けに2度も登れましたが、次に来れるのは来年かな?
お盆 @坊がつる 下山 お盆 @坊がつる 下山
<雨ヶ池ルート>しか知りませんが、本当に素晴らしい景色です。
お盆 @坊がつる 下山 雨ガ池
雨の溜まった<雨ヶ池>も一度は見てみたいな。



2時間半ほどかけてのんびりと長者原まで下ってきました。
荷物を車のルーフボックスに積み込み、靴を履き替えて
食事(昼のパスタが少なかったので)です。
お盆 @坊がつる 下山後 みんなで定食
山メシも美味いけど、達成感と一緒にみんなで食べた定食も最高でした

長者原ヘルスセンターの外テラス席(?)で大分名物のとり天定食
お盆 @坊がつる 下山後 とり天定食

この後、長者原登山口のすぐそばにある
法華院温泉別館 花山酔の立ち寄り湯(1人500円)に入って高速で長崎へ

今回ご一緒したNさん・アレン君
1泊2日の登山キャンプ、楽しすぎて本当にアッという間でしたね。
テント購入をきっかけに登山テン泊グッズがどんどん増えるので
くれぐれもご注意ください(笑)

恒例になってきたお正月のオートキャンプは、また鹿児島・宮崎方面を
予定していますので ぜひ参戦をお待ちしておりま~す( ´艸`)イヒヒ


   おまけ


トンボ・パラダイス in 坊がつる
お盆 @坊がつる 下山 トンボ2
ザックにトンボ型ブローチ!?

お盆 @坊がつる 下山 トンボ
ポールの先っちょにも。

お盆 @坊がつる 下山 トンボ3
<手乗りトンボ>は なかなか居ないでしょ!?


スポンサーサイト

2015.09.10(Thu) | ♪ アウトドア! | cm(3) |

盆休みキャンプ @坊がつる
続きです  登山編


昼前、長者原のに着きました。
4人分の衣食住が詰まったザックを各々背負って
<坊がつる>のテント場まで出発~
坊がつる2度目 ザック

登山口までの湿原には、先月はまだ咲いていなかった<ヒゴタイ>が見れました。
お盆 @坊がつる ヒゴタイ

天気も良くて気持ちいい~
お盆 @坊がつる 入山
(今回 Nさんにたくさん写真撮ってもらいました。 一部お借り致します。)
タデ原湿原の木道(自然研究路)を進みます。
お盆 @坊がつる タデ原2

登山届を記入・投函して入山。
お盆 @坊がつる 入口の沢

休憩所で位置確認。  まだ半分も歩いてないっ
お盆 @坊がつる 現在地 お盆 @坊がつる 頑張る母ちゃん

マツムシソウ>しか名前解りませんが、
お盆 @坊がつる マツムシ草 お盆 @坊がつる ホタルブクロ? 
可愛い花・・・つい立ち止まって写真撮りたくなります。
お盆 @坊がつる 何の花?1 お盆 @坊がつる 何の花?2 

格好だけは一丁前な息子!?
お盆 @坊がつる 息子

雨ヶ池   Nさん親子は経験者だけにペースが速いし、余裕の表情。
お盆 @坊がつる 雨ケ池

休憩。  あと少し、頑張ろう。
お盆 @坊がつる 休憩


お盆 @坊がつる シモツケ お盆 @坊がつる ワレモコウ
シモツケ> と <ワレモコウ


やっと見えました、坊がつるの湿原です。
お盆 @坊がつる 展望

テント場までもう少し!
お盆 @坊がつる 見えてきた!

振り返ってみる。 写真の山の途中を登って下りてきたってわけです。
お盆 @坊がつる 看板

今回は橋を渡らず鳴子川を横切ります。
お盆 @坊がつる 鳴子川2

サンダルに履き替えて川でひと遊び・・・テント場になかなかたどり着きません(笑)
お盆 @坊がつる 鳴子川

川で遊んでいると法華院温泉の軽トラックとキャタピラ通過。   
お盆 @坊がつる 鳴子川 軽トラ
この道が、許可車しか通れない大船林道ってことかな!?   
お盆 @坊がつる 鳴子川キャタ

川の水は冷たいし、お腹すいたし
早くテント張ってお昼摂ろうよ~。
お盆 @坊がつる 何の花?3 お盆 @坊がつる キツネノカミソリ?
と、今度はサンダルのまま歩きだした 川からテント場までの道の脇には
お盆 @坊がつる 何の花?4 お盆 @坊がつる ススキ
もうススキもチラホラ。



つづく。

2015.09.02(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(2) |

盆休みキャンプ @坊がつる (鍋ヶ滝編)  
あすで今年の夏休みも終わり

部活で毎日 忙しくなってしまった娘(中1)と
学童保育を辞めてはじめて夏休みを一人で過ごす息子(小5)

それぞれに、それなりに
どうにか日中を過ごしてくれました。
すっかり手が掛からなくなったなぁと、実感。

そんな我が家の今年の夏キャンは 大分へ2度の登山テン泊でした
1度めの記事はコチラ→ 坊がつる 登山編
               坊がつる キャンプ編



そして2度目。


2015/8/15(土)~8/16(日)
娘が部活で不参加の代わりに、Nさん親子を誘いました。

早朝4:00に出発~
出発 @鍋ヶ滝

真っ赤な朝日 早朝の高速道路もなかなか乙。
出発 車中  @鍋ヶ滝

九重ICからそのまま登山口の長者原まで行くつもりでしたが
お天気が良かったので、ちょっと寄り道しました

熊本県小国町の鍋ヶ滝
@鍋ヶ滝1
朝イチからなんとも爽やか。

@鍋ヶ滝2
ただ、携帯カメラなんで写りはこんなモン(^_^;)

@鍋ヶ滝3
滝の裏側から!

@鍋ヶ滝5
この滝は、裏を通って対岸へ行けるのです。(水しぶき注意)

鍋ヶ滝 影

水遊び @鍋が滝
今回は娘抜きで 母2人、小学男子2人の登山テン泊です。

スパイダー @鍋ヶ滝

途中で一際目立つ民家を発見
マネキン @鍋ヶ滝1 マネキン @鍋ヶ滝2

マネキン @鍋ヶ滝3

このあと、坊がつるへ向け長者原登山口へ。
坊がつる2度目 ザック
寄り道してお昼近くになってしまいましたが
4人分の衣食住を担いで
いってきま~す


登山編へつづく


2015.08.30(Sun) | ♪ アウトドア! | cm(0) |

呑みキャンプ  @赤水公園オートキャンプ場
2週間前の海の日の連休は子供達と 大分・坊がつるで登山キャンプを楽しみましたが、
実は先週末も・・・


8/2(日)の夕方 仕事が終わってからN子姉さん(お友達のお姉ちゃん)と二人で
琴海・赤水公園オートキャンプ場にて 呑みキャンプしてきました~


姉さん迎えに行って キャンプ場到着が19:00頃。
赤水公園 テント
ワンタッチテントをチャチャっと広げて宴会準備です

姉さん提供! 地元で有名な精肉店の ローストビーフ
赤水公園 ローストビーフ2

コレも姉さん提供! カマンベールチーズのベーコン包み焼き
赤水公園 焼き物

ワインを開けて・・・こんな感じでアラフィフ女子(笑)2人の宴会スタートですカンパーイ
赤水公園 テーブル2

アラフィフ女子2人のトークの中身は、ほぼオッサン(笑)
赤水公園 ローストビーフ
そこらへんはご想像におまかせして。
赤水公園 カマンベールチーズ
と、楽しく飲んでいたんですが、
真夏の夜だというのに寒過ぎ~ 

近所の山って感覚で軽装でしたが、マジで寒過ぎ。
暑くて寝苦しかったらどうしよう???ぐらいのつもりでいたのに。

そんなわけで、早々に宴会場はテントの中へ移動。(テント内、超~適温
ミニテーブルを挟んで飲んでるうちにいつのまにか寝ちゃってたのでした。


昼間は大村湾を一望できるこのキャンプ場。
赤水公園 月
夜は海に映るまん丸いお月様と綺麗な星空が楽しめました。
(iPhoneカメラではこれが限界


朝、6:30起床。 まずはお約束のモーニングコーヒーを楽しんで
赤水公園 朝食
それから 夕べの残りやスープ、いつものホットサンドなどで朝食。

この季節、芝生も青々。 気持ちいい~
赤水公園 芝生

公園内には堤があって、朝の散歩に丁度いいです。
赤水公園 池

いろんな植物観察するのも楽しい
赤水公園 睡蓮 白 赤水公園 睡蓮 ピンク

赤水公園 アジサイ 赤水公園 きのこ

赤水公園 大村湾

散歩から戻ってくると、夕べの寒さがウソのように暑っつい
この後、汗をかきかき撤収です。
赤水公園 テント
そんなこちらのキャンプ場、無料で利用できます。
ちょっとトイレが遠かったり、炭火使用禁止ではありますが
眺めが素晴らしく、静かで綺麗な とってもオススメのキャンプ場ですよ。
赤水公園オートキャンプ場の申請書ダウンロード ⇒ コチラ




昼過ぎには子供たちが部活から帰ってくるので早めに切り上げましたが
ちょっとだけ寄り道。
神浦河川公園では、水遊び
神の浦 河川公園

神の浦 河川公園2

そのすぐ近くにある大中尾棚田へも。
大中尾棚田
わぉ、いい眺め

大中尾棚田2
夕方から翌日昼頃までのキャンプでしたが
呑んで食べて、
月も星も、
空の青と
山の緑と
川遊び
大中尾棚田 たんぽぽ
時間がなくても 
遠くまで行かなくても
こんなに贅沢に過ごせますよ~

N子姉さん、豪華食材提供ありがとうございました(笑)
夜のトークも楽しかったですね
ぜひまた行きましょう


2015.08.05(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(0) |

坊がつる キャンプ編
つづきです

周囲の山には霧がかかったり パァ~っと晴れたり。
少し肌寒くなってきましたが 雨はどうかな~?
坊がつる テント2

坊がつるに到着したのはちょうどお昼時なので早速お昼ご飯の準備。
あ、キャベツ忘れた・・・そんなわけでほぼ具ナシ焼きそば。
坊がつる 焼きそば 坊がつる 昼寝
お腹いっぱいになったところで子供たちは昼寝してしまいました
よっぽど疲れたんだろうなぁ。

子供たちが寝ている間に夕飯用のお米を研いだり
景色を堪能したあとはお待ちかねの温泉タイム

テント場から法華院温泉山荘までの道ものんびりしていて、まるでここは別世界
坊がつる 山小屋まで

<坊がつる>の看板もこの看板も、最後のクダリに『山男の・・・』って(笑)
坊がつる 法華院温泉山荘 看板
山男さんはもちろん、山ガールさんからチビッ子連れのファミリー、
外人さん、年配の御夫婦やグループと、山を愛する老若男女で賑わっているようです。

山荘に着く頃だけ雨が降りました
煙る山荘も、な~んか雰囲気あって良いですね
坊がつる 法華院温泉山荘

売店の奥が食堂。ちょうど宿泊客の夕飯準備でスタッフの皆さんバタバタされてました。
坊がつる 法華院温泉山荘 入口靴 坊がつる 法華院温泉山荘 売店

売店で入浴料 一人500円を支払います。
坊がつる 法華院温泉山荘 提灯
九州で一番高い場所にある温泉
まさに秘境の秘湯ですね  ちなみに石鹸類は使用できません。
坊がつる 法華院温泉山荘 温泉
湯の花あり、微かに硫黄の香りが漂うお湯でした。

この辺りは、ラムサール条約登録の湿原だそうです。
坊がつる 温泉からの木道

夕飯は、炊き込みご飯とカップスープ。 おかずは、さんまの蒲焼(缶詰)のみ
坊がつる 夕飯 坊がつる 夜テント
息子はここでもゲーム しかも姉ちゃんのお尻ソファーで気持ちよさそうやし。

普段の忙しい生活はしばらく忘れて、
のんびり・ダラダラ こんな感じで坊がつるの夜はおしまい。

テントの中は意外と広く、夜中は冷えたこともあり3人でくっついてどうにか寝れました。
ただ、夜中の強風でタープのパタパタ音が気になり私は熟睡できなかったかな。


翌朝、5時すぎ起床。  やった!晴れとるっ
まずはコーヒー  水が美味しいからもちろんコーヒーもウマイ
坊がつる 早朝


山の朝は早い!と言いますが、ホントだ!
<朝駆け>というのかな? 大船山を目指して動き出してるグループも。
坊がつる 朝駆け

我が家の今回の目的は、とりあえず山を登ってみて<坊がつるキャンプ
その先の頂上アタックはまたの機会に。


子供たちがやっと起きてきたので朝食。 
ウインナー・食パン・スープ・目玉焼き
坊がつる 朝食 ウインナー 坊がつる 朝食



ここでバッテリー切れ 
テント場撤収や下山の様子は写真がありません。


最後にコチラのワンコに会っていかなきゃ。
平治という名前のガイド犬(♀の子)です。
平治号に関する感動の物語。本や映画があるようです。
簡単にまとめられた動画は⇒コチラ
坊がつる ガイド犬
初めての登山、上りは体力的にハードで
下りは膝が笑い・・・と。
でも、お天気にも恵まれみんなで楽しく、無事に下山してこれました。
登山、クセになりそうです


帰りは久住高原コテージの家族風呂(50分 1600円)と、
久住高原コテージ 家族風呂
久住の景色を楽しむ贅沢でシメ。
久住

子供が大きくなってくるとみんなの休みを合わせるのは大変です。
今回は思いがけず出かけられて良かった~

また近いうち、今度は満点の星空を見に行こう



2015.07.23(Thu) | ♪ アウトドア! | cm(4) |

坊がつる 登山編  
海の日の連休。

子供の部活当番が入っていたので、今年はどこにも行けないか・・・と、
残念に思っていたところ 練習自体が中止になったため
これはチャ~ンスとばかりに 3人分の山道具をバタバタ準備して 
大分・九重の<坊がつる>へ登山キャンプに行ってきました



週間予報では雨と雷マークが並んでましたが
とにかく行ってみようと7月18日(土)の夜遅く出発。
高速のPAで車中泊。
坊がつる 行き高速2

登山口がある長者原は既にほぼ満車。
坊がつる 長者原登山口

思ってたより全然良い天気で本当にラッキー
もし雷で大荒れになっても山小屋があるし
これだけ登山客がいれば安心だろ~!と私たちも出発です。
坊がつる 出発

登山届けを記入
坊がつる 入山届け

緑いっぱいの山道を登ります。
坊がつる コケ

休憩多め(笑) 自分たちのペースで進みます。
坊がつる 休憩

ヤマアジサイやシモツケなどいろんな花が見れました。
坊がつる ヤマアジサイ 坊がつる シモツケ

途中で霧雨~小雨でレインカバー(前夜、デポで購入)装着。
坊がつる 登山道

やっと雨ヶ池。 木道がイイ感じ
坊がつる 雨ヶ池

眼下にやっと<坊がつる>が見えました
坊がつる 眼下に

息子は辛そうでしたが、もうひと頑張りだ
坊がつる あとひと頑張り

ゆっくり登って約3時間。やっと念願の<坊がつる>に到着です。
坊がつる 到着

鳴子川 見ているだけで涼しげ。
坊がつる 鳴子川1

坊がつる 鳴子川2

ここがキャンプ場です。見えている建物はトイレなので周囲にテント少ないですが
別方向には既にたくさんのテントが張ってあります。
坊がつる キャンプ場

登山してきた人しか辿り着けないこのキャンプ場。
大汗かいて到着した喜びは一入です。
坊がつる 炊事棟 坊がつる 冷たい水
水場とトイレのある山の上のキャンプ場って珍しいのではないでしょうか?
そして冷たい水の美味しいこと!

今回、登山用に購入したテントを張り、サンダルに履き替え
お疲れさ~ん
坊がつる 登山靴 

2人用のテントで3人寝ないといけないので、タープまで張ってみた。
雨の心配もあるし。星は観れないだろうなぁぁぁ。
坊がつる テントで1
とりあえず、今夜の寝床を確保です。
しばらくみんなでゆっくり寛ぎましょう


キャンプ編へつづく。


2015.07.22(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(2) |

山歩き と 外ごはん  @轟峡
2015/6/22(月)

小雨の中でしたので 予定した多良岳へはまた今度。ってことで
せっかく準備もしていたし無理やり山歩き。
山登りじゃなくて山歩き(笑)

めぐちゃんと2人 轟峡へ行ってみました。
轟峡1

とりあえずザックは車に乗せたままちょっと散策。
轟峡2

轟峡 14

轟峡4 カジカ橋
カジカ橋

轟峡5 アジサイ 轟峡6 ガクアジサイ
山は涼しい。

轟峡7 カジカガエル
カジカ蛙

雨も上がり、明るくなってきました。
ザックを背負ってキャンプ場の方へ行ってみました。
轟峡8 ザック
ヤフオクでGETしてザックです。やっと出番がやってきました
日帰りには大きいんでしょうけど、私が背負うとそんな大きく感じないような・・・(笑)  
このザックにテントと寝袋詰め込んで、はやくテント泊登山へ行ってみたいな

轟峡9 橋

東屋があったのでここでランチタイム
轟峡 外ごはん2 轟峡10 外ランチ 
女子はね、コレが楽しみなんですよね
轟峡11 しめじ 轟峡12 シーザーサラダ
本日のランチ・メニュー
卵・ロースハム・チーズのホットサンド
焼きしめじをトッピングしたシーザーサラダ
ポークウインナー
きのこのポタージュ・スープ
食後のコーヒー            

緑も冴えて、ひんやり爽やかな山中で食べるランチは最高のご馳走でした
轟峡13 カニ



この轟峡へは、家族でキャンプに来たのを覚えています
もう40年くらい前の話ですけど
昔は父がよくキャンプに連れて行ってくれてたなぁ。
その血はしっかりと受け継がれておりますよ(笑)

轟峡 
↑と↓ 約40年前の轟峡の写真 (母30歳くらい?)
轟峡 母 相模川 BBQ
あとで発見! 相模川でBBQした時(私22歳頃!?)の写真と母のTシャツが丸カブリ

2015.06.24(Wed) | ♪ アウトドア! | cm(0) |

もう初泳ぎ♪ @尻久砂里海浜公園
こんにちは


長崎も梅雨に突入してしまいましたが、
5月中にあった小・中学校の運動会は快晴で予定通り行われました

中学校運動会 ソーラン節
(小・中とも全校生徒300人程度なので小ぢんまり~


で、5/25日(月)の代休はこのブログでは何度か紹介している
<尻久砂里海浜公園>で早くも海水浴とBBQを楽しんできちゃいました

メンバーは 母2人と小学生3人の計5人+ティノ(パピヨン♂)。
(中学生は残念ながら部活のため 不参加


到着するなり子供たちは嬉しそうに海へ。
尻久砂里10 全景
本当に美しい砂浜です

尻久砂里1 ワカポン
ティノ君、お初の海はどうですか?

尻久砂里9 クラゲ
水クラゲで遊ぶ男子チーム。

尻久砂里2 タープ
母チームはタープ張ってせっせと日陰確保(笑)

尻久砂里3 レミパン
初めてのアウトドア・クッキングにワクワクの和花ちゃん
その後ろで男子チームはカードゲーム、ここでもやるか!?(笑)

尻久砂里4 BBQ
今回はなんと牛肉が全くナシのBBQ。
ウインナーがメインで安上がり

尻久砂里8 チキンティッカ
大人用はチキンティッカを。(ちょっと焦げた
市販のペーストとヨーグルトで前夜から漬け込み。
コレはかなり美味しかったのでリピ決定です。ビールか欲しくなるお味


食後はいよいよ海水浴
尻久砂里5 岩場から
まだ少し冷たいかな?

尻久砂里6 穴
穴掘りもビーチでのメインな遊び(笑)

尻久砂里7 ビーチ
佐世保の米軍基地が近いせいか、このビーチは普段から外国の方が多く
この日もお客さんの8割を占めていました。
まるで海外のリゾートのようでしょう?
尻久砂里11 おねいさん
iPhoneのカメラではこれが限界ですが、おまけでビキニのオネイチャン(オッサンかっ?)

数年前まで人が少なくて穴場だったこの美しいビーチですが、
トップシーズンは、駐車場係のガードマンが立つほどの混雑ぶり。
(海水浴だけなら駐車場・桟敷料などありません)

お天気の良い日は10月頃まで泳げますので(*あくまで個人の感想です・笑)
ぜひトップシーズンをハズして遊びに行ってみてくださいね


コチラの海浜公園、いつも綺麗なのは
ボランティアの方々が砂浜のゴミを定期的に集めてくださるおかげです。
ゴミは確実に持ち帰りましょう。
それから、砂浜では火気厳禁です
BBQなどをする場合は指定の芝生広場で。(利用料1区画1日320円)


次の予定は軽登山
晴れますように



2015.06.05(Fri) | ♪ アウトドア! |

2014~2015 年越しゲリラキャンプ 3
こんにちは
3回目 年越しキャンプの続きです


D 川南PA
E 馬ヶ背・クルスの海
F 板ヶ原オートキャンプ場
G 通潤橋
H 時津町


雨や雪を避けて移動してきた宮崎県。
1/2(金)<D 川南PA>の早朝。
川南 朝

予報通り、宮崎県は快晴 他県では雪が降ってるなんて信じられません(笑)
日向市

一度来てみたかった<E 馬ヶ背・クルスの海>も観光できました

馬ヶ背
<馬ヶ背>
馬ヶ背2
超~素晴らしい景色です 
馬ヶ背2

細島灯台
<細島灯台>毎回言いますが、決して灯台マニアではありません(笑)

クルスの海
<クルスの海>

クルスの海2
カップル向けのスポットだったみたい!?(笑)
息子よ! いつか彼女と一緒にこの鐘を鳴らしに来なさい(笑)
日向市観光協会

馬ヶ背 ねこ クルスの海 ねこ
日向岬のにゃんこ みんな人懐っこかった~

鹿児島・宮崎の絶景ポイントはここ2・3年で随分廻りました。
ほかにオススメのスポットがあれば是非どなたか教えてください。





やっと今夜はテントで寝れそう
観光も無事終えたので、市内のイオンで食糧を調達したあと
目星を付けていた<F 板ヶ原オートキャンプ場>を目指します 
美郷町 五十鈴川
だんだん山の景色になっていきます。
もしかしたら1組ぐらいはお仲間がいるかも・・・?
板ヶ原オートキャンプ場 到着
日向市内から約1時間で到着~。

・・・貸切でした(笑)

車の横付ができる小じんまりした(オフ・シーズンは)無料のオートキャンプ場。
サイト下には川が流れ、電源・コインシャワー付き(ともに有料)。
トイレ・炊事棟もとっても綺麗でした。22:00まで外灯が自動点灯します
板ヶ原オートキャンプ場 餅 板ヶ原オートキャンプ場 BBQ
やっと焚き火が出来ます  さっそくお餅を焼いたり、BBQも。

夜はさすがに寒かった~ テントの外はー2℃ぐらいだったと思う。
板ヶ原オートキャンプ場 夜
友達は冬のテント泊をとても心配してくれますが、
銀マットを2枚 + インフレータブルのマット + 寝袋を2枚重ね + 足元にはカイロ
この装備でテントの中は充分暖かいですよ
車中泊と違い、寝袋の中とは言え とにかく広々寝れる幸せ~

あ、ちなみに車中泊もどうやって寝てるのか心配してくださいますが・・・
オールフラットにして、広めの銀マットを壁に立ち上がりを作る感じで敷くと
冷気をシャットアウト、窓にはカーテン。3人<川の字>で掛け布団のみ。
エンジンかけずともぬくぬくです。ただ、ホントにギリギリで窮屈です


朝はテントも足元も霜でパッキパキ
また火をおこして、ホットサンドや昨日の残り物までキッチリ完食。
板ヶ原オートキャンプ場 朝食
テントが乾いたら撤収作業。
それまでキャッチボールしたりコーヒー飲んでゆっくり過ごしたり。
たった1日しかテント泊できなかったのは残念でしたが、
今回はスケートに観光にと、盛り沢山に楽しんだ旅でした。

帰り道、心配だったのは大分道が一部 通行止め~冬タイヤ規制だったこと。
結局、高千穂経由の一般道を選びましたが、どうにか雪が溶けてギリギリ通れた感じ。
高千穂 一般道2 高千穂 一般道
やはり次回からチェーンは用意します (反省)


最後にたまたま近くを通ったので<G 通潤橋>にも寄ってみました。
通潤橋
山の陰で雪が残り、風情のある景色でした。
通潤橋2
名物の<放水>は見れませんでしたが、<つらら>見れたし満足。




2014/12/30~2015/1/3までの年越しキャンプ。
寒かった雪に遭わずラッキーだった楽しかったでも、やっぱり寒かった(笑)
こんな感じで終了です。
メーター
走行距離 1173km
宿泊費   4泊0円
スケート・温泉・高速・ガソリン代・食費(今回は外食が多かったので結構使ったぞ!)
合計   約 35000円也~。 


我ながら、元気な私。45歳
夏はまた四国かな?
最後までお付き合いいただきありがとうございました



  

2015.01.09(Fri) | ♪ アウトドア! | cm(1) |

2014~2015 年越しゲリラキャンプ 2
こんにちは
年越しキャンプの続きです

<1/1~1/3のルート>

A 池田湖 
B 砂むし会館『砂楽』
C 天文館むじゃき アミュプラザ店
D 川南PA
E 馬ヶ背・クルスの海
F 板ヶ原オートキャンプ場
G 通潤橋
H 時津町




明けました  2015
他所は雪の元日だったようですが、ここは降ったり晴れたり
池田湖 初日
どうにか<A 池田湖 >で初日の出も拝み・・・。池田湖 P
寒い中、いつものホットサンドとカップスープでのんびりと朝食です
1/1 キャンプ朝食 池田湖 P2




さて、鹿児島の天気予報は雨か雪
予定立てるのも悩みましたが鹿児島名物満喫の1日にしましょう

昨年、時間切れで入れなかった指宿の砂むし・・・今年こそ!
・・・ということで、B 砂むし会館『砂楽』へ。
砂むし
小雨と強風の中、浴衣一枚での移動は寒~い
砂むし
初めての砂むしにドキドキ
砂むし 奏子 砂むし 慎之助 
混雑しておりましたが、やっと砂むし体験もクリア
(携帯持参したらマズイか?と、思いきやバイトの若者がじゃんじゃん撮ってくれました。)



joyfulで遅めのランチ~鹿児島市内に向かう車中、子供たちは爆睡
車中 奏子 車中 慎之助

右手に見える桜島は雪化粧
桜島
地元の方もビックリ。左手の山も真っ白でした
前日通ってきた指宿スカイラインは雪のため通行止めになってました。
池田湖に下ってきていて正解!

C 天文館むじゃき アミュプラザ店では
子供達お待ちかねの<しろくま>
冬でも関係ありません(笑)
しろくま
レギュラーサイズは大きすぎるので、ハーフサイズを2種類選んで3人でシェア。
しろくま いちご
『いつもお祭りで買って食べるかき氷とは違うね~! 氷がフワフワしてる!』
と、大喜びで食べてました

このあと、翌日も雨の予報の鹿児島を諦めて
九州で唯一マークの宮崎県へ向け移動します


もっと早い時間に宮崎入りしてキャンプ場へ着きたかったのに、
すっかり遅い時間になってしまい・・・
まさかの車中泊 3連チャンの<D 川南PA>
川南PA


子供たち2人共 私と身長が変わらないほど大きくなり
軽自動車に3人寝るのはもう今回が限界のようです
4泊目はどうにかテントで足を伸ばして眠りたい~。


                  つづく



2015.01.08(Thu) | ♪ アウトドア! |

/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。